CDブック・知育プリキャラおりがみ絵本が大人気!

 89中米南米・パタゴニア伝説[エル・プレシオサウリオ]

エル・プレシオサウリオ

ブエノスアイレスの動物園の園長が、探検家の怪物話を、タイムズ紙などの各新聞に発表したところ、たちまち、世界中で大反響を呼んだ。
1922年のことである。

それは、パタゴニアのチリ国境に近いエスケル山中の湖での遭遇だった。

湖の周辺に残っていたのは、大きな動物が、からだをひきずり、移動していった痕跡だった。
その痕跡をたどってみると、湖で消えていたのである。
彼は、その湖をよく観察してみた。

すると、なんと湖の中央に白鳥のような長い首をした、体長4mほどの、ワニのような胴体を持つ怪物を発見した。

ブエノスアイレスの町では、エル・プレシオサウリオと呼び、アルゼンチンの政治家は、首長竜の絵を選挙の旗印にし、怪物を仕留めたら皮の一片をニューヨーク自然史博物館へ、寄贈するとまで、言ったのである。


カッパが子供たちに語る-カッパ九千物語CD1
tycoon-com.com
美しい水のある日本の暮らしをカッパは教えてくれる!