‘( ̄□ ̄;)ああ・・B級ひとりごと’カテゴリーのアーカイブ

( ̄□ ̄;)あしたのジョー、の時代展へのパーマリンク

2014 年 7 月 22 日 火曜日

19日(土)「あしたのジョー、の時代展」内覧会に行ってきました。

「あしたのジョー」は1967年から1973年まで少年マガジンに連載されたボクシング漫画です。

この展覧会では、あしたのジョー関連作品以外に、当時アートを引っ張っていた多くの作家・アーティストの作品が出品されており、その中に、1960年代の叫びを表現した、辰巳四郎の作品も展示されています。

練馬区立美術館館内
練馬区立美術館館内


 

1968年のためのイラストレーション/辰巳四郎
1968年のためのイラストレーション/辰巳四郎

人気漫画「あしたのジョー」は連載中から、アニメ化されてから、さらに現在まで、作品の内容は高度成長を続ける時代の中、観る人を一緒に作品中の劇中にまで引きずり込んでしまう圧倒的なストーリーと展開力、さらに抜群のキャラクター設定がありました。

もちろん登場する多くの劇中人物各々の魅力が、夢中になったファンそれぞれのイメージをさらにふくらませていき、伝説といっていい盛り上がりを見せました。

主人公・ジョーの相手役、力石徹は漫画の枠を超えて、プロレスでいえばヒール役でありながら存在感を増していき、ついに出版元である講談社にて本物の祭壇を造り葬式まで執り行わせたのです。

この祭壇も本展示会場に再現されている!

この「あしたのジョー」を共感し、共有していた時代の芸術作品、作家、パフォーマンスを共有する空間を作った美術展。

懐かしいだけでなく、改めて、パワーあふれる時代の象徴が日本の多くの記憶として集められています。

辰巳四郎作品もぜひご覧ください。

★——–
あしたのジョー、の時代展
期間:平成26年7月20日(日)〜9月21日(日)
休館日:月曜(9月15日月曜は開館・翌火曜休館)
開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30)
料金:一般500円・大学高校生および65〜74歳300円・中学生以下および75歳以上無料
障害者手帳をお持ちの方、団体はお問い合わせください。
場所:練馬区立美術館
電話:03-3577-1821
住所:東京都練馬区貫井1-36-16(西武池袋線・中村橋駅下車3分)

( ̄□ ̄;)地球の温暖化へのパーマリンク

2014 年 5 月 27 日 火曜日

先日テレビで、金星の大気が二酸化炭素に覆われている事を知って、二酸化炭素がもたらす地球の温暖化の意味が判ったと伝えていました。

意外だったのは、金星の大気から、地球の温暖化がわかったこと。

二酸化炭素に覆われた金星の大気は温室効果で、金星よりも太陽に近い水星より気温が高いんだって。

二酸化炭素の増加がこの地球の気温を高くしていることは金星によって、近い将来の地球の姿が見えてきているようです。

 金星って地球型惑星って言われてます。

わたしは子供の頃、地球のお隣りの星、金星に生物がすんでいたのでは?、と金星人の姿を想像していました。

これから地球はどこまで汚染されていくのか?

今の金星が地球の未来?

 

( ̄□ ̄;)夢境、家園ーこころのふるさとー(彝族)へのパーマリンク

2014 年 3 月 8 日 土曜日

リコーイメージングスクエア新宿で、彝族の血をひいた烏里さんの個展が、始まりました。作品は壮大な自然と、大地に生きている、人々などと、中国のスケールが伝わります

オープニングの挨拶では、烏里さんは、地球の温暖化が、深刻だと言っていました。

写真で見る、あんな美しい自然がどう変わっているのかな?

リコーイメージングスクエア新宿
3月5日〜3月17日AM10:30〜PM6:30最終日PM4時

( ̄□ ̄;)われら百姓家族 子供たちの15年へのパーマリンク

2014 年 3 月 3 日 月曜日

あるテレビ番組の、ドキュメンタリィー「われら百姓家族 子どもたちの15年」を、見ました。ダイナミックな子育てをしていた、親父と、成長した子供たちの、それぞれの生き方。

考えさせられました。

( ̄□ ̄;)食の輸入へのパーマリンク

2014 年 3 月 1 日 土曜日

先日ニュースで、輸入された食べ物に放射線量が高い数値で測定されたと報道されました。

あれ以来、報道されませんが、気になります。